日本で栽培されている芝生の種類と産地の環境

脱毛器カインズ > 注目 > 日本で栽培されている芝生の種類と産地の環境

日本で栽培されている芝生の種類と産地の環境

芝生は住宅の庭や公園の緑地帯など様々な場所で使われています。芝生の多くはある程度まで成長した芝がシート状に切り分けられているので、植生の際はじゅうたんを敷くように芝生のシートを敷設するのが普通です。
日本で栽培されている芝生は酷暑や乾燥、梅雨時の過剰な湿気など様々な環境の変化に耐えられる頑丈な品種が用いられています。日本は地域によって環境が大きく変わるため、どのような環境でも枯れにくく、綺麗な状態を保てる品種が芝生作りに適しています。そのため、芝生を栽培する産地は一年を通して環境が変化しやすい地域が最適です。
日本での芝生栽培は内陸部に位置する茨城県や鳥取県が多数を占めています。共通点としては夏は暑く冬は寒い、一年を通しての環境の変化が激しいことが挙げられます。また、乾燥しやすい環境でもある点が芝生の産地に適しているのも特徴の一つです。日本の芝生は在来種の日本芝や生育速度が速い西洋芝など複数の品種が用いられていますが、茨城県や鳥取県などの代表的な産地ではそれぞれの品種に適した環境になりやすい地域で栽培が行われています。環境の違いで生育速度も変わることから、一年を通して途切れずに芝生を出荷することが出来るようになっています。
芝生の栽培は品質を損なう原因になる異なる品種の芝や雑草の混入を防ぐことが大切です。芝生の産地では種の飛来を防ぐため、ビニールハウスやネットなどで苗を覆い、品質保持に努めています。また、人が出入りする際に害虫や病原菌が侵入する可能性があることから、芝生を栽培する農園では消毒薬を散布するゲートを設置するなど、汚染を防ぐための工夫が施されています。芝生はわずかでも異物が混入するとその部分から急速に劣化が進んでしまうので、栽培から敷設までの扱いには細心の注意を払うことが大切です。異物の中でも害虫は芝生を酷く傷める原因になるので、出荷作業の際に殺虫剤を散布するなど被害を防ぐための処置が行われるのが普通です。

関連記事

  1. 日本で栽培されている芝生の種類と産地の環境
  2. 気になったベラジョンカジノのルーレット